4k OPELIO

医療現場における映像機器の活用は急速に進展を遂げており、最新の映像技術を駆使することで今までは不可能と思えた新たな活用方法が日々見いだされています。
セブンスディメンジョンデザインは、OPELIOブランドで日常のワークフローに溶け込む映像記録・配信の基盤となるシステムを安定稼働させてきた実績を基礎としつつ、最先端の技術を積極的に製品へ取り込んだ4Kソリューションを発表いたします。

4k OPELIOの特徴

4K/60P※1の圧倒的な情報量

フルHDの4倍の画素数(3840x2160)を持つフレームをプログレッシブ60FPSで処理することで、最新の4Kカメラの性能をフルに活かした高画質な動画を簡単に記録・再生することができます。

HEVC/H.265※2による高圧縮

HEVC/H.265を採用することで、4Kの圧倒的な情報量を凝縮して記録、保存することができます。

リアルタイム処理

HEVC/H.265対応のリアルタイムエンコードを行いつつ、リアルタイムでのデコードおよび表示を行うことで、従来のOPELIOレコーダ同様録画されている動画を確実に確認することができる特性を継承しています。

最大YUV 4:2:2※3の妥協のない高画質

画素数の増加による情報量に裏打ちされた高画質化にとどまらず、色情報を最大限保持するYUV 4:2:2フォーマットを採用し、微妙な色表現も逃さず記録します。

OPELIOへのシームレスなインテグレーション

OPELIOブランドの製品・システムとのシームレスな統合を実現します。

※1 4K/60p 映像
4K (3840 x 2160) の解像度で毎秒 60 フレームの映像。(SD:640x480 [pixel] / HD:1920x1080[pixel] / 4K:3840x2160 [pixel])
※2 HEVC/H.265
国際標準化団体である ITU-T 及び ISO/IEC で規格化された、最新の映像圧縮技術。 従来の MPEG-4 AVC/H.264 に対して同等の画質でおよそ2倍、また MPEG-2/H.262 に対してはおよそ 4 倍の優れた圧縮率で、動画のデータサイズを大幅に減らすことが可能。
※3 YUV 4:2:2
YUV 方式 (輝度情報をベースにした色表現)におけるサンプリング方式の一つ。 従来のデジタル TV などに用いられている 4:2:0 と比較して 2 倍の色情報を持ち、より高品質・高精細な映像の表現が可能。
Copyright © 1995-2017 Seventh Dimension Design, Inc. All Rights Reserved.