OPELIO one

医用動画をわかりやすく管理、手軽に検索  

  • 概要
  • レコーダ
  • サーバ
  • 仕様
医用動画の管理と活用を飛躍的に向上
医用動画の記録、配信、検索など必要な機能を全て凝縮した、手軽なオールインワンパッケージシステムです。
  • 動画・静止画を活用するために必要な情報を組み合わせて一元管理
  • WEBブラウザ上で実現した動画検索・再生・編集などの直感的な操作
  • レコーダ単体構成から大容量ストレージのサーバ構成まで構築可能
  • 専用マルチビューアでの配信やDICOM送信機能などの豊富な拡張
  • OPELIOで培ったサービスネットワークによる充実のサポート
医療現場にて必要と考えられる全ての要望を凝縮し、最高のコストパフォーマンスを実現します。

OPELIO one システム構成図

OPELIO oneは、動画の録画・再生・編集を行うレコーダ1台、録画したデータを蓄積・配信する小型サーバ1台を基本構成とし、必要な映像ソースの数、録画時間および保存期間に応じたオプションを組み合わせることで、お客様のニーズへ柔軟に対応することが可能なパッケージ製品です。


レコーダ | 従来と見かけは同じですが、基本スペックを増強し新機能を盛り込みました。

USB-HDD

FAT32に加え、NTFSにも対応可能となり、2TB以上の大きな容量のUSB-HDDも利用できます。

USB3.0 対応

USB 3.0に対応し、データの高速転送が可能となりました。データコピーの待ち時間を大きく短縮できます。

SDカード記録

記録媒体として新たに持ち運びが容易なSDカードを扱えるようになり、データ保存先の選択肢が広がりました。

小型タッチパネル

標準のフルHD15インチモデルに加え、小型の10インチモデルも選択できるようになりました。省スペースでの設置が可能です。

サーバ | 新たな機能や運営方針をご提案。さらにデータ活用の幅が広がります。

MP4 対応

データダウンロード時にMP4が選択できるようになりました。WindowsやMacなど幅広い環境で記録データをご利用いただけます。

部門管理サーバ運用

OPELIO one サーバを部門管理サーバとすることで、部門ごとの細かなデータ管理のご要望にもお応えできます。

部門サーバ再エンコード機能

OPELIO one サーバ自身で再エンコードできる機能を実装予定です。部門管理サーバでも手軽に様々なデータ管理が可能です。

NASバックアップ

サーバのデータをバックアップ用NASに出力・保存することでデータを二重化し、安心な運用が可能です。

部門別特化 | 部門ごとの特徴的なご要望にも柔軟に対応します。

緊急医療分野

緊急医療向けに ”Quick Rec” ボタンを追加しました。患者情報入力のフローを省略し、迅速録画に対応します。

検査系分野

内視鏡/放射線検査室向けに各モダリティとのトリガ連動機能を充実させました。録画映像の連結書き出しにも対応します。

脳神経外科分野

脳神経外科向けに、ICGの場面を自動でクリップし録画中でも再生確認が可能なICGプレイバック機能を追加しました。

眼科/歯科分野

2ch入力機能を利用し2D/3D映像を同時に記録します。また、3D映像を含む記録データを外部モニタに出力して再生できます。

OPELIO one レコーダ

2チャンネルを同時に記録

レコーダ1台で2チャンネルのHD映像を同時に記録。検索や閲覧の際には、それぞれの映像を別ファイルとして取り扱えます。

HD/SD、2D/3D同時録画

同一映像の、HD映像(高画質/ 1080p・1080i)とSD映像(長期保存用)の同時記録や、3D映像と2D映像の同時記録が可能です。

USB HDDへ同時に書き出し

内蔵HDDへの記録と同時に、USB HDDへ記録データの書き出しができるため、手術や検査終了直後に待ち時間なくUSB HDDを持ち出せます。USB HDDを使用禁止にする設定も可能です。フォーマットはFAT32とNTFSに対応しています。

USB HDDへコピー

記録終了後、内蔵HDDに保存されている任意のデータを選択してUSB HDDへコピーできます。USB3.0を搭載しているため、高速転送が可能です。

簡単なタッチパネル操作

OPELIO伝統のタッチパネルによる簡易的かつ直感的な操作は、マニュアルがなくとも、設置したその日から誰でも十分に活用できます。

オートクリップ機能

専用トリガを使用し、録画中に重要な場面をマーキングしてクリップを作成することが可能です。記録データを参照する際に、その場面を素早く再生・確認できます。長時間の手術や造影検査など活用シーンを広げます。

小型タッチパネル対応

標準のフルHD15インチモデル以外に小型の10インチモデルが選択できます。設置空間が限られるような環境でも、省スペースでの設置が可能です。

レコーダのオプション機能

DICOM準拠
取得した静止画をOPELIO oneレコーダからPACSへ送信が可能です。また、DICOM Q/RやMWMにも対応し、患者情報や検査オーダ情報の受取りができます。
映像スイッチャ制御
映像マトリックススイッチャを制御し、OPELIO oneで記録する映像ソースや手術室内の各モニタに表示する映像ソースを、視覚的に分かりやすく選択できます。※1
HD-SDIモデル追加
SDIダイレクト接続モデルを選択できます。内視鏡装置や手術顕微鏡装置から出力されるSDI信号を信号変換器を使わずに直接レコーダへ入力することが可能です。
トリガ連携
タッチパネル以外に、内視鏡カメラの手元ボタンやX線透視装置の照射フットスイッチなどの外部機器と連動して録画開始・停止、静止画抽出などの操作ができます。※2
バーコードリーダ・磁気カードリーダ
磁気カードから患者ID、氏名、性別、生年月日の情報読み取り、バーコードから患者IDの読み取りが可能です。無線タイプも選択できます。
フットスイッチ
フットスイッチを利用して、録画の開始・停止、静止画抽出やクリップ定義などの遠隔操作が可能です。1ペダル、2ペダル、無線タイプなどから選択できます。
※1 各社のスイッチャに対応しています。対応機種についてはお問い合わせ下さい。 ※2 一部対応できない機器もあります。

OPELIO one サーバ

検索・閲覧

サーバに保存された動画・静止画は、特別なソフトウエアをインストールすることなく、一般的なWebブラウザを使って簡単に検索・閲覧が可能です。必要な部分のダウンロードもできます。

ライブ配信

ライブ配信は参照PCからのWebブラウザアクセスにより表示が可能です。表示中のサムネイルを選択しフルHD /フルフレームでの再生ができます。

クリップ編集

サーバに保存された動画はWebブラウザ上で簡易編集が可能です。クリップ定義の変更、追加、削除に加え、静止画の抽出や削除も行えます。

制限設定

ログインユーザ毎にサーバへのアクセス、各診療科に紐づけされているデータの視聴、ダウンロードの利用可否等の制限を設定できます。これらの設定はアクセスする端末ごとにも設定可能です。

ダウンロード

ダウンロード時には一つの症例はもちろん、複数症例の一括選択や、複数クリップの連結などが可能です。動画はMTS / MP4、静止画はJPEG / BMP / PNGなどの形式を選択できます。

ログ管理

ユーザ毎のログインや閲覧、ダウンロードの操作履歴を管理しており、管理者はログの閲覧、ダウンロードができます。

C5/C10(サーバは2タイプをご用意)

受信可能な映像数が5チャンネルまで対応可能な「C5」、10チャンネルまで対応可能な「C10」を用意しました。まず「C5」で運用をスタートしてから、OPELIO oneレコーダの追加購入などによってチャンネル数が増加した場合、「C10」もしくは「OPELIO」へのリーズナブルなアップグレードが可能です。※3

サーバのオプション機能

データ保存領域の簡単な拡張
運用開始後でもストレージ増設用としてNASを追加することで簡単にデータ保存領域の増設ができます。またNASを使用したデータバックアップも可能です。
OPELIOへのステップアップ
OPELIO oneとOPELIOには互換性があるので、OPELIOへのシステム拡張時には既存設備を無駄にすることなくシームレスな移行が可能です。
患者/手術情報取得
他社システムと連携して、患者情報を自動で取得できるため、患者情報の入力間違いや入力の手間を減らします。術式や執刀医情報なども取得でき、検索性も向上します。
院内システムからの呼び出し
他社システム用の端末からOPELIO oneの動画を呼び出すことができ、院内の様々な場所でOPELIO oneの「検索・閲覧」や「ライブ配信」機能が利用できます。
延長保証パック
万が一のトラブル時に安心な「翌日オンサイト対応」のハードウェア延長保証プラン(最大延長5年まで)を選択することが可能です。
リモート保守対応
弊社サポートスタッフによる遠隔でのサーバ状態チェックを行うことが可能です。トラブル時の迅速な対応や、定期的なハードウェア診断に役立ちます。
※3 ハードウェアの更新が必要となります。

仕様

OPELIO one レコーダ(システム本体)

SDIモデル HDMIモデル
外形 221.5(W) x 84.1(H)x 298(D)mm(ゴム足含まず)
重量 約 4.9 kg
最大消費電力 AC100V 約205 W
動画入出力端子 ※1 SDI IN x 2、SDI OUT x 2 HDMI IN x 2、HDMI OUT x 2
インターフェース USB3.0 x 6(背面 x 4 / 側面 x 2)、USB2.0 x 2(前面 x 2)、RS232C x 2、HDMI x 1、
VGA x 1、DP x 1、1000Base T x 2、AUDIO IN x 1、AUDIO OUT x 1、MIC x 1
出力形式 (動画)1920 x 1080(p/i)、720 x 480 Pixel H.264
(静止画)1920 x 1080、640 x 480 Pixel JPEG / BMP / PNG / TIFF
内蔵ストレージ 500 GB
DICOM仕様 Verification Service Class(SCU)、Storage Service Class(SCU)、
Query / Retrieve Service Class(SCU)、Modality Worklist
主な付属品 電源ケーブル(1.8m)、HDDスロット用鍵
オプション機器 ※2 バーコードリーダ、カードリーダ、フットスイッチ、SDカード、Blu-rayディスクドライブ
 

OPELIO one レコーダ(タッチパネル)

SDIモデル HDMIモデル
外形 スタンド取り付け時
387(W)x 285(H)x 199(D)mm
スタンド取り外し時
387(W)x 244(H)x 33(D)mm
スタンド取り付け時
255(W)x 177(H)x 200(D)mm
スタンド取り外し時
255(W)x 177(H)x 29(D)mm
重量 スタンド取り付け時 約 3.0 kg
スタンド取り外し時 約 1.5 kg
スタンド取り付け時 約 2.3 kg
スタンド取り外し時 約 0.8 kg
表示画素数 1920ドット(H)x 1080 ライン(V) 1280ドット(H)x 800 ライン(V)
タッチパネル方式 投影型静電容量方式
タッチ通信信号 USB type-B
映像信号 アナログ:ミニVGA / デジタル:HDMI type A
供給電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 約 36 W 約 24 W
主な付属品 ACアダプタ(1.8 m)、Mini VGAケーブル(1.8 m)、HDMIケーブル(1.8 m)、
USBケーブル(1.8 m)、音声ケーブル(1.8 m)、CD-ROM、ケーブルクランプ(2個)、
結束タイ(2個)、M3ネジ(5個)
 

OPELIO one サーバ(システム本体)

OPELIO one Server C5 OPELIO one Server C10
外形 98(W)x 386.5(H)x 341(D) mm (スタビライザ・突起物含まず)
重量 約 11.5 kg (最大)
最大消費電力 約 195 W 約 224 W
レコーダ接続数 最大 5 台(5 ソース) 最大 10 台(10 ソース)
内蔵ストレージ 500 GB x 4 台(RAID6) 1 TB x 4 台(RAID6)
実効容量 約 1 TB(システム領域含む) 約 2 TB(システム領域含む)
動画保存可能時間 ※3 約 200 時間(10 Mbps時) 約 400 時間(10 Mbps時)
オプション機器 ※2 UPS(750 VA)、NAS(6 TB、12 TB、18 TB、24 TB、36 TB、48 TB)
 

クライアントPC推奨スペック ※4

Windows Mac
OS Windows 7以降 OS X 10.10.5以降
ブラウザ IE 9以降 Safari 10以降
CPU Core i3以上
メモリ 2 GB以上
HDD 500 GB以上
※1 映像変換器によりDVI、SDI、コンポジット等にも対応可能です。
※2 対応機器等の詳細につきましてはお問い合わせ下さい。
※3 NASを接続することで保存容量を増やすことが可能です。
※4 バージョンによって動作が異なる可能性があります。 その他ソフトウェアの対応等の詳細につきましてはお問い合わせ下さい。
掲載製品の仕様・性能・技術情報は、予告なしに変更する場合がありますのでご了承下さい。 「OPELIO」、「OPELIO one」は、株式会社セブンスディメンジョンデザインの商標または登録商標です。 その他の会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。 
Copyright © 1995-2018 Seventh Dimension Design, Inc. All Rights Reserved.